不動産のあんなことこんなこと

不動産のあんなことこんなこと

賃貸の不動産屋での、物件の探し方、紹介や契約の流れは、どこの店舗でも同じです。仲介手数料が1ヶ月分か半月分の違いでしかありません。異なるのは、若干の接客時の態度や言動になってきます。

 

不動産屋を訪れたときの印象というのは、担当により変化すると思います。1回目、担当が40代の人で、そのときには印象が良いほうへ変わりました。借金取立てのような悪どいイメージがありそうな不動産屋ですが、訪ねてみると端末で4枚程度の物件探しをして、実際に車で見に行き、それがまた閑静で過ごしやすそうな物件でした。いつまでに引越しするかどうかの質問がどことなく回答を急いでいるように聞こえますが、物件が良ければ引越ししようと考えます。

 

そのほか、入店したときに、雰囲気を感じ取って、信用できなさそうと思ったら相談するのをやめるようにしています。最初に質問表を書くのがあって、物件の値段、敷金礼金、路線、駅、ペット、などを書きます。それに対して、これは書かないと探しようがないと威圧的に突っ込んでくる話の展開になってくると、お茶が出てこようと他の不動産屋に行きます。

 

それから、働いていない人には冷たい対応になります。たいていの人は働いていると思いますが、昨年の源泉徴収表がない場合、借りられなくなります。借りられるとしても、ちょっと雰囲気の怪しい物件になりやすく、担当と相談して根気よく探すか、大家と交渉するほかないでしょう。

続きを読む≫ 2015/10/24 17:38:24 testng

不動産屋に訪れたとき困ってしまうのが、あれこれといろいろな物件を紹介されることです。それが不動産屋の仕事なのですから、そうされるのは当たり前です。ですが、その紹介によって惑わされてしまったことが過去に私は何度かあります。

 

たとえば、ネットで探して家賃の安い物件があり、そこに心の中でほぼ決めていたことがありました。どんな物件を紹介されても家賃的にそこしかあり得ないとかたく決めていたのです。しかし、いざ不動産屋を訪れたら「他にもいくつか紹介させていただきたい物件があるのですが、よろしいですか?」と聞かれました。そこで「もう決めているので結構です」と強く断れれば良いのですが、つい「じゃあとりあえず紹介して下さい」と言ってしまいます。それは不動産屋の雰囲気にのまれてしまっているというのもありますし、心のどこかでは「もう少し違う物件を見ておいたほうが良いのかも」という考えを持っているからだと思います。

 

そうすると、最初に決めていた物件よりも少し家賃が高くなるけど魅力的な物件を紹介されたりして、また物件選びに迷ってしまいます。不動産屋で働いている人はよほどの新人でもない限り誰もがとてもススメ上手で、その人の話を聞いているとどうすれば良いのかまたふりだしに戻ってしまいます。それが物件選びの醍醐味と言えばそれまでですが「不動産屋に行くと物件選びに迷う」という固定観念が私にはあり、これからもそのイメージは覆らなさそうです。

続きを読む≫ 2015/10/10 20:09:10 chinese

じぶんは現在28歳の男性会社員をしております。
今から行う話は、5年前の話となります。
自分は農業や林業などに関心を持っている人間でした。
自分は生まれも育ちも大阪ではありますが、いつかは田舎に住んで、自分の畑などを耕すことが自分の夢でもありました。
しかし、現実はそうはいきませんでした。
自分は工業高校を卒業しました。
そこで就職をするというのが、一般的だと思いますが、自分は工業高校に入ったことを後悔をしております。
そしてそこから見栄大学で、農薬など、農業にまつわることを勉強しようと思い、高校在学中でも普通科の勉強を行いました。
しかし、工業高校に入る時点で、大学に進学することは不可能だったのかもしれませんね。
しかし、就職をしなくては、ご飯も食べることはできません。
そして自分は高卒として中途採用で親戚に紹介をしてもらった会社に就職を行いました。今でもその会社にお世話になっております。
そしてせめて自分の畑をもちたいと思い、大阪の空き地の土地を不動産に紹介をしてもらい、25歳のときに購入をおこなったのであります。
金額としては500万円です。
それから3年が経過をして、十分農業の疑似体験をおこなうことができたので、土地売却を行いました。
購入時に利用した不動産を訪ねて、売却の手続きを行ったのであります。
3か月ほどまえに、連絡をいれて、一週間後に業者の方と打ち合わせをおこないました。

そして、買い手の探索などで2か月かかって見つけることができました。
買取金額としては100万円でした。
不動産は大手の方が信用できるので大手にしました。
税金などは不動産に全て任せたのでわかりません。
そして自分が皆さんにできるアドバイスはしっかりと売却の目的を確認してから行動に移しましょう

続きを読む≫ 2015/09/20 14:44:20 testng

これから、マイホームを購入される方には、是非読んで下さい。
一生に一度のお買い物…後悔はしないで下さい…
土地をすでにお持ちの方は良いのですが、多くの方が、土地探しに難航します。
○○小学校区の土地が欲しい、○○駅徒歩圏内、○○坪欲しい、南向きじゃなきゃ嫌、色々な希望を持ち不動産屋さんに相談に行かれる方が多いと思います。
そんな方にお願いしたい事があります。
この状況で不動産屋さんに行かないで下さい。
不動産屋さんで失敗された方の多くは、不十分の計画です。
不動産屋は土地のプロではありますが、皆さんを幸せにする専門家ではありません。
マイホーム計画を前に、必ずライフプランの組立を行って下さい。
土地と家でいくら使えるのか。これを知らないで、予算に合わない土地を買う(買わされる)ケースが多いのが残念です。
不動産屋さんはお客さんの希望の土地を探し売れればいい訳で、あなたの予算まで相談には乗ってくれません。
さて予算が分かった、よし不動産屋さんに行こう!こういう方も多くいらっしゃいます。
出来ればまだ行かないで下さい。次は住宅メーカー、工務店等に行って下さい。
こんな失敗例があります。どうしても南向き土地が欲しい方…不動産屋さんで南向きの土地を購入し住宅会社へ…
@南向きだけど…
駐車場が必要な場合、南側は駐車場に…間口が狭い場合は意外に光が取れません。

建築士の中には、北向きを好む人もいます。奥行きが広い北向きは、設計次第で、明るい家になり、南向きの土地より安く買えたり…
A高低差が…
土地を平らにしなければ家が建てれません。この見積をみてびっくりされる方も多くいます。
不動産屋さんは教えてくれない事もあります。
住宅会社や工務店の多くは、不動産部も併設してますので、不動産メインのお店ではなく、住宅兼不動産会社に行くことをお勧めします。
ただ、不動産屋メインの中には本当に安く、素晴らしい土地を探すプロ中のプロもいます。
こんなプロに出会える事を祈ってます。

続きを読む≫ 2015/09/16 16:00:16 ejbgen

賃貸物件を手に入れて大家になる、いわゆる不動産投資と呼ばれているものがあります。
こうした物件をどうやって手に入れるかというと、それは不動産屋を通して購入するということになります。
ですが、投資用物件を専門に扱う不動産屋というのはあまりありません。
ほとんどの物件、正確にはわかりませんが、おそらく不動産取引の99%以上は居住用物件や賃貸物件、あるいは店舗や事務所などの物件だと思います。
ですから、投資用物件を一度も扱ったことがない不動産屋というのもあります。
そんな不動産屋だと当然、投資用物件に関する知識はあまりありません。
ですから、いざ、投資用物件を購入しようと思って、不動産屋に行っていろいろ聞いてみても要領をえないこともあります。
もし、投資用物件を手に入れたいと思うなら、自分で勉強することが必要です。
と、同時に投資用物件を多く扱っている不動産屋と関係を持っておくことも重要です。
知識や経験の豊富な不動産屋からは色々と教えてもらえることも多いですし、有益な情報をもらえる可能性もあります。
ただ、不動産屋も商売ですから、情報だけタダ取りするお客さんとはあまり関係を持ちたいと思わないでしょう。
良い物件が出てくれば買ってくれるお客さんだと認識されないと相手にされないかもしれません。
ですから物件を買うのに必要な最低限の資金は貯めておかないといけないでしょう。
その金額ですが、少なくとも数百万程度のお金は必要だということです。

続きを読む≫ 2015/09/15 20:12:15 cpu-usage

近頃の不動産屋のイメージはWebから気軽に物件の相談や質問ができそうです。そういったお客様フォームなるものもありますから、24時間、365日、いつでも気軽に相談できると思います。

 

8月のお盆の時期や年末、年始もしっかりと営業していて、その営業時間も20時や21時など夜遅くまでやっているから、仕事帰りでも気軽に行けて物件探しを手伝ってくれそうです。

 

そんな不動産屋のイメージはゆるキャラなども出ていて、とても可愛いイメージがするなと思います。スーモはまるでマリモのようなキャラで、とても可愛く、とても不動産屋に親しみがわきました。不動産屋はとても若い人も利用しやすく、とても楽しく通えそうな感じもするようにもなりました。

 

まん丸なキャラは、とても可愛く、不動産会社も可愛い印象にもなりました。柔らかいイメージがしますし、10代にも優しい説明をして、お店も楽しく行けるようになりました。

 

不動産屋のイメージは爽やかな印象にもなりました。前はちょっと特殊で、30代や40代以上のお金のある人が対象としている感じもしました。でも、あまり予算が無い若い世代でも、スーモのおかげで簡単にネットからでも検索しては楽しめるなと思うようになりました。

 

スーモがいるから、ちょっとその不動産会社のWebの会員にでもなってみようかと考えるようにもなりました。それまではあまり乗り気ではなかったのが、会員になってみるだけでも新着情報をメールでお知らせしてくれたり、ネットで簡単に物件を検索しては楽しめるなと思いました。

続きを読む≫ 2015/09/13 15:39:13 chinese

ホーム RSS購読 サイトマップ